20年後30年後の笑顔のために・・・

太陽光発電はメンテナンス管理をすることで長く安全にお使い頂けます

目指せ!寿命20年以上の太陽光!

太陽光発電システムの定期点検は法的な義務付けがないのが現状です。その為、太陽光パネルを設置後に点検等のメンテナンスをされない方も多いのですが、放っておくと日々少しずつシステム性能は低下しています。
また、システムに関する知識をあまり持たずに簡易点検を行なっている業者も多く、その場合いに異常を発見することは困難と言えますが現在大変多くそのようなケースが見受けられます。
太陽光発電システムは、モニターに表示されないような小さなトラブルもあり、早期対応をしないとシステム性能が低下していきます。
性能が低下すると、発電量の低下により、売電金額が下がって見込み通りの収支から大きくかけ離れてしまいます。
また、何より心配なのは安全面で、モジュールや機器類から火災などが生じてしまいますと危険です。
安心してお使い頂くために、ヨネカワではメンテナンスフォローに力を入れ、お客様をしっかりとサポートできるように太陽光発電システムのノウハウを用意しております。
20年30年後も今設置されているシステムで太陽光発電が行えるように、ぜひメンテンンスをお薦めいたします。

完工点検・定期点検・日陰調査・雨漏調査

現在の太陽光発電システムの定期点検は、簡易的な目視の点検で済ませられてしまっている場合が多く、とても安心できる点検とは言えません。 ヨネカワでは、太陽光パネル性能評価機器を用いてパネルに不具合がないか調べ、実発電量も測定。
また、日陰測定を行うので、適切な設置場所もご提案できますし、雨漏り点検では過去の雨漏りや現状まで分析します。

防汚コーティング

太陽光パネルの汚れは発電量低下に直接つながる問題です。ヨネカワでは太陽光システム専用のコーティングを行います。高い防汚効果が期待でき、発電力の維持に繋がります。紫外線による劣化も安心のコーティングです。

遠隔監視・防犯

太陽光発電システムを遠方に設置していてご自身で定期的な確認ができない場合や、発電量表示機を導入されていない方には特にお薦めのメンテナンスです。発電量の監視と管理システムを(比較的安価に導入していただけます)導入させて頂き、お客様の代わりに発電量の確認を行います。遠隔監視システムとセットで導入することで、発電量の低下を日々確認・異常時にはすぐに駆けつけます。

相次ぐ鳥の被害もご安心ください

太陽光モジュールに巣を作るなど、鳥による被害が目立ちます。ヨネカワでは鳥にも人にも無害な忌避剤を塗布。鳥の嫌がる匂いで鳥を太陽光発電システムに寄せ付けなくします。

雑草対策

どうしても、生えてきてしまう雑草。自然界にはつきものですが、草刈りの手間には悩まされますし、電気ケーブルが多い太陽光発電システムの近くでは草刈機の使用は厳禁です。ヨネカワでは除草剤や防草シートを設置させて頂き、悩まされる雑草を防止しています。