ある家族のちょっとイイ暮らし!!

スマートハウスを考える

大手ハウスメーカーは2011年、相次いで「スマートハウス」を市場に投入しました。スマートハウスとは、IT(情報技術)を使って家庭内のエネルギー消費が最適に制御された住宅。
具体的には、太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、CO2排出の削減を実現する省エネ住宅のことを指します。省エネ・創エネ設備を備えた住宅がエコ住宅であるのに対し、エネルギーマネジメントシステムで最適化されたエコ住宅がスマートハウス(=賢い住宅)と言えます。
消費者にとって「スマートハウス」は、エコであるとともに、光熱費を削減できる経済性が魅力。
太陽光発電や燃料電池などで発電したエネルギーと、EVなどへ充電するエネルギーなど、住宅内のエネルギーを効率的に使っていくために、今後、「スマートハウス」は不可欠なものとなってくると考えられます。

  • 電気自動車(EV)
  • プラグインハイブリッド車(PHV)
  • ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)
  • 住宅用蓄電池
  • また、EVやPHVに搭載された電池を住宅用蓄電池として活用